MENU

病気かも?猫が水を飲まない原因と自宅で出来る5つの対処方法

 

猫が水を飲まなくなったら焦りますよね。どうしたのかと心配になるでしょう。猫が水を飲まないのは病気の前兆かもしれませんし、しっかりと対応してあげるのは飼い主の義務。猫が水を飲まない原因と自宅で出来る対処方法について解説します。

 

猫が水を飲まないのは病気の前兆?

 

猫の先祖は沙漠の乾燥地帯で生活をしていたため、少量の水分でも十分に活動できると言われています。ただし、あまりに水を飲まないのは病気の前兆かもしれませんし、体調不良、ケガ、加齢やストレスなどの影響も考えられます。

 

猫は水を飲まないと、泌尿器の病気、脱水症にかかりやすくなります。日頃から飼い主さんがこまめにチェックする必要があります。

 

猫は何日くらい水を飲まなくても大丈夫?

 

成猫の体の60〜70パーセントは水分出来ています。水を全く飲まないと病気が発症するリスクも上がります。あまり水を飲まないという猫であっても、水分を摂らないのは1日が限界です。

 

個体差はありますが、猫が1日に必要な水分量は、体重1キロに対して20〜45mlくらいと言われています。あまりにも水分の摂取量が多い場合は、早めに対処することをおすすめします。

 

猫が水を飲まない原因について

 

  • 病気
  • ストレス
  • 怪我
  • 加齢
  • 食欲不振
  • 容器が気に入らない
  • 水が気に入らない

 

猫が水を飲まない原因には、以上のようなものがあります。病気や加齢、怪我などであれば動物病院に連れて行く必要がありますが、大抵の場合は猫のこだわりが原因。水や容器を変えることで水を飲んでくれるようになる可能性が高いのです。

 

動物病院に連れて行くのも大変だと思いますし、まずは次の章で紹介する5つの事を行ってみて下さい。自宅で簡単に出来る事だけで、猫が水を飲んでくれるようになる可能性は十分にありますよ。

 

水を飲まない猫に飼い主がしてあげたい5つのこと

 

猫が水を飲まない場合、これから紹介する5つの事を試してみて下さい。獣医さんに診てもらうこと無く、猫が水を飲んでくれるようになる可能性は十分にありますよ。

 

1.容器を変えてみる

意外と容器にこだわる猫も多くて、飲みやすい皿、興味を持つ皿に変えることで水を飲んでくれることもあります。顔やヒゲが濡れるのを嫌がる場合がありますので、飲み口が広いものが使いやすいかもしれません。

 

なかなか猫が水を飲んでくれない場合は、飲みやすそうな容器を試してみて下さい。

 

2.容器を置く場所を変えてみる

単純に人目がある場所で水を飲みたくないという場合もありますが、食事と水は離れた場所に置いたほうが良いかも知れません。狩猟時代の名残で、エサを食べる場所と水飲み場は離れていないと落ち着かないということがあるようです。

 

容器を置く場所を変えるだけで水を飲んでくれるなら、試してみる価値はありますよね。

 

3.水の温度を調節する

水の温度を調整することで、猫が水を飲むようになってくれる可能性があります。冬場などは特に、ぬるま湯やお湯を好む猫も少なくありません。少し手間かも知れませんが、飼い主の入浴中にお風呂に入ってくるような猫の場合は特に、試してみる価値があるでしょう。

 

4.こまめに水を取り替える

何日も置いてあるような水を与えるのではなく、こまめに水を取り替えて、新鮮な水を与えてみて下さい。カルキや塩素が気になる時は、浄化して与えるようにしましょう。また、猫は洗剤の成分やニオイを嫌がる事も多いです。器を洗う時は必ず水洗いか、お湯で洗い流すことをおすすめします。

 

5.猫専用の水素水を試してみる

水道水に含まれているミネラルは、猫の腎臓にストレスを与えます。ミネラルが含まれているような水を与えていると、猫が水を飲まなくなる可能性もあるのです。当サイトのおすすめするドクターにゃんすいは、猫の体に優しい高濃度水素水です。

 

もしも飲んでくれなかった場合には全額返金保証もありますし、知らず知らずねこの腎臓にストレスがかかっているとしたら、飲み水を見直してあげたいと思いますよね?初回は送料無料の500円で購入できるので、あなたの猫ちゃんが飲むかどうか、試してみる価値はあると思いますよ。